包茎を治す!手術と治療 >  子供の包茎の問題点

子供の包茎の問題点

子供の包茎は不潔?


包茎はペニスが不潔になりがちになります。
包皮の亀頭の間に溜まる汚れが恥垢(アカ)になったものや、おしっこの残りが
たまってしまうからです。

放っておくと包皮に溜まった垢が白い塊になって皮膚の下から白く浮き上がったり
おしっこによって細菌が繁殖して悪臭の原因になります。

清潔にしておけば問題はありませんが、真性包茎の場合皮が十分にむけず
亀頭をきれいに洗うことができず恥垢がたまり続けてしまいます。


コンプレックス


子供の頃は誰もが包茎ですが成長するにつれて亀頭が出たままになります。
だいたい中学生のころに大人と同じペニスになります。
中には包茎のまま成長する子もいますが、3分の1程度です。

周りの子がみんな皮がむけてるのに自分だけ包茎であるというと
傷つきコンプレックスになってしまいます。

正しい知識がないために、自分のペニスが異常であると勘違いして悩んで
自分ひとりで抱え込んでしまう子供が多いのです。

包茎は治るものでそのままではないということを教えてあげるといいでしょう。


真性包茎のままのペニス


包皮を下に引っ張っても亀頭が露出しない、包皮口は狭くて亀頭が出てこない、
包皮と亀頭が癒着していて、自分の手で包皮を剥いても勃起しても
亀頭の部分を露出できない状態を真性包茎といいます。

もし子供がこのように真性包茎の場合、ペニスが発育せず大人になっても
成長せずに子供のままになってしまうことがあります。

大人になってからペニスを大きくすることは不可能です。
両親が子供のころから気をつけて包皮を剥く練習や習慣をつけていれば
包茎になる心配はなくなります。


包茎は早漏になる?


大人になっても包茎でいると、包皮で亀頭が守られたままの状態になるため
亀頭が敏感になりすぎる問題があります。

そうなると大人になってのセックス時、女性が性的に満足する前に男性のペニスが
性的刺激に対して敏感すぎるため早漏になりやすいといわれています。

そのことで悩みコンプレックスにつながることもあります。
包茎にならないためにも、小さい頃から両親が包皮を剥く練習や習慣を
つけているといいでしょう。




                                       ▲子供の包茎の問題点のトップに戻る