包茎を治す!手術と治療 >  包茎手術のデメリット

包茎手術と治療-包茎手術のデメリット


高額な手術代や手術までの日程の調整や精神的負担が自分自身にのしかかります。

包茎は見た目のカッコ悪さから暗い印象を与え、包皮が陰茎の成長を妨げてしまい
短小の原因になります。

また包皮より亀頭が過保護になり早漏の原因にもなりかねるため、
病院選びの慎重さがかなりのデメリットとなります。

包茎手術の失敗から腫れや激しい痛みを伴うため、院長自ら治療を担当してくれるか、
傷跡の残りやカウンセリングが受けられるかどうかのアフターケアの
万全なところを選ぶのが重要になります。

病院のイメージではなく担当医師の信頼性を見極めることが
よりよい近道になります。

また、真性包茎手術後1ヶ月はセックスもオナニーもできません。