包茎を治す!手術と治療 >  包茎手術の危険性・失敗例

包茎手術と治療-包茎手術の危険性・失敗例


包茎手術の失敗の要因として全国的に医師が不足しているため研修医やアルバイト医師など
医師の技術の未熟さや治療法などに問題があるようです。

包茎手術の危険性として取り返しのつかない致命的なミス、亀頭部分の感覚麻痺、
勃起不全、射精困難などがリスクとしてあげられます。

包茎手術の後の後遺症として、勃起時につっぱってしまうといった失敗例も多数あり、
患者さんの多くが希望として通常時も亀頭を露出した状態にしてほしいという要望から、
包皮を切りすぎてしまうようです。

通常時と勃起時の差には個人差があり、包皮を切りすぎることによって
皮が伸びるまでに時間がかかり、つっぱり感や出血を伴う場合や亀頭が性感帯なので
包茎手術前に比べて性感が失われます。

包茎手術後ムケ方が不自然になり、包茎手術の失敗で縫合部分が
はっきり分かるようになるようです。

また、真性包茎の手術をしても手術自体は成功しても通常時は仮性包茎の状態で
亀頭が露出していることがあります。