包茎を治す!手術と治療 >  包茎手術が必要か?

包茎手術と治療-包茎手術は必要?

日本では包茎に対する知識不足や認識の誤った考え方から
包茎は恥ずかしいと思われがちです。

しかし、早急に包茎手術が必要かという人はそれほど多くありません。
繰り返し何度も化膿したり性器の病気以外は手術が必要になりますが、
18歳以下の手術は体の未熟性などからお勧めできません。
手術よりも市販の矯正グッズを用いて治すのがいいと思います。

仮性包茎の場合、何の問題もないので無理して手術する必要はありません。

包皮が完全にむけない真性包茎や皮が自然に戻らず陰茎を締め付けてしまう
カントン包茎はそのままにしておくと危険な場合があり手術が必要になります。

包茎はSEXの時に痛いだけではなく女性に快感を与えられないので
自分への快感も少なく感じられます。
亀頭が覆っているのでむくことも洗うこともできないので不衛生になりやすく
女性が膣炎になりやすく自分だけの問題ではすまされません。

真性包茎では勃起時にカントン包茎の状態から勃起後、
締め付けられたまま戻らなければ手術が必要になります。